ごあいさつ

院長紹介

院長 石 川 昭(いしかわ あきら)

 

昭和37年生 (京都府出身)

 

学歴

昭和55年 高槻高等学校卒業

昭和61年 岡山大学歯学部歯学科 卒業(歯科医師免許取得)

平成2年   岡山大学大学院歯学研究科 修了(歯学博士)

 

職歴

平成2年   岡山大学歯学部(予防歯科学講座)文部教官 助手

平成3年   岡山大学歯学部附属病院(予防歯科)文部教官 講師

(平成56年 アメリカ合衆国 テキサス大学オースチン校 生物医学研究所 研究員)

平成9年   浜松市保健福祉部 技監(口腔保健医療センター(歯の健康センター) 所長)

平成14年 浜松市保健福祉部 副参事(口腔保健医療センター(歯の健康センター) 所長)

平成26年 浜松市健康福祉部 参事(口腔保健医療センター(歯の健康センター) 所長)

平成28年 あい歯科クリニック 開院

 

所属学会

日本口腔衛生学会(認定医・指導医)

(代議員、前編集委員会委員、前認定医・指導医委員会委員長)

東海口腔衛生学会(前会長)

日本歯周病学会

日本障害者歯科学会(認定医)

International Association for Dental Research

 

 

資格

昭和61年 歯科医師免許 取得
平成2年   歯学博士 取得
平成13年 日本口腔衛生学会認定医 取得
平成15年 日本障害者歯科学会認定医 取得
平成18年 日本口腔衛生学会指導医 取得
平成18年 臨床研修指導歯科医 取得

 

 

その他

平成3年~4年      2回国際歯科保健比較調査(ICS-Ⅱ)(WHO)疫学調査診査員

平成16年~20   歯科医師試験委員(厚生労働省)(第98回~101回 歯科医師国家試験問題作成に従事)

 

受賞

平成21年 日本口腔衛生学会 学術賞(LION AWARD)受賞

 

院長の主な実績

  岡山大学歯学部予防歯科学講座での約10年間は、教育、研究、臨床を通じて、予防歯科学(歯や口に関わる病気(歯科疾患)を発症させないようにすることやたとえ発症しても進行させないようにすることを探求する医学分野)の発展に取り組んできました。特に、臨床、地域保健の両面から成人の歯周病の予防・治療に重点を置き、歯磨きや非外科的な歯周治療(歯石除去を中心とした治療)を主に行ってきました。また、当時の代表的な研究である「歯科修復物の寿命」に関する論文から、歯科疾患の継続管理の重要性が認識され、医療保険の新たな診療報酬として「補綴物維持管理料」(かぶせ物やブリッジをしたとき2年間の保証料)が収載されるにいたりました。

  その後、浜松市役所に勤務してからは、行政の歯科医師として、地域保健の向上を目指してきました。主な業務として、お子さんのむし歯予防や大人の歯周病予防に関わる業務、さらに障がいのある方の歯科診療も行ってきました。平成15年には日本障害者歯科学会の認定医を取得することができ、障がいのある方で対応が困難な症例も診療してきました。また、浜松市における新たな歯科保健事業として、「障がい者施設歯科健診」、「3歳児保護者歯科検診」、「歯周病検診」、「2歳児歯科健診」、「妊婦歯科健診」などの整備を行い、市民の歯科保健の向上に努力してきました。平成26には、「浜松市歯科口腔保健推進条例」の制定と、それに伴う「浜松市歯科口腔保健推進計画」の作成に関わりました。

  この間、平成16年から24年に渡り、行政職員として全国ではじめて「歯科医師試験委員」として、口腔衛生学の分野の国家試験問題の作成にも従事しました。また、平成21年には、要介護高齢者に対する口腔ケアによる咽頭細菌の減少に関する研究が認められ、日本口腔衛生学会学術賞を受賞しました。さらに、日本口腔衛生学会指導医として、日本口腔衛生学会の編集委員会委員や認定医・指導医委員会委員長も拝命いたしました。